遠くが見えにくい場合!遠視用

遠視用メガネの仕組みとは?

遠視とは、遠くのものを見るとピントが合わない状態のことを言います。本来目に入ってきた光は角膜、水晶体を通って網膜に投影されます。が、何らかの原因で角膜と水晶体を通ってきた光のピント位置が網膜を通り越してしまっている状態が遠視です。実は遠視は遠くが見えにくいだけではなく、近くもピントがずれてしまっているのです。この遠視を矯正するためには、遠視用のメガネをかけることになります。遠視用メガネには凸レンズが用いられており、ピントを手前に移動させることでしっかりと網膜の位置でピントが合うようにします。凸レンズは物を大きく見せるレンズなので、遠視用メガネをかけると実物よりも物が大きく見えることがあります。

遠視と老眼は違うもの?

遠視の矯正に用いられる凸レンズは、老眼の矯正にも使われます。では遠視と老眼は同じ物なのでしょうか。使用するレンズが同じなので混同されがちな両者ですが、実は別物です。遠視は近くのピントも遠くのピントもずれているのですが、老眼は近くのものにピントが合わない状態を指します。老眼の原因は加齢によって水晶体の厚みを調節してピントを合わせる能力が低下するからで、光の屈折に異常がある遠視とは全く別物なのです。遠視の人が老眼になると、まず遠視の矯正をした上でそこに老眼の矯正を加えなければなりません。単に見えにくい、という状態でも原因は様々なので、メガネを作るときは眼科の診察を受けた上で、メガネ処方を受けることが必要です。